ふとしたきっかけで、耳鼻科医院の院長先生のお話を伺う機会がありました。「特定検診はやるんやろ?」と当然のようにおっしゃいます。私は、「。。。何か始まるみたいですね。(あ~、これじゃ返事になっていない。)先生は耳鼻科ですよね。やるんですか?」院長先生「そらやるよ。せっかくウチに通ってきてくれるんや、健診だけでもやらな。指導の方は、やってくれるとこに頼むんや。」私「そうですか。そんな風にしたらいいんですね。。。」

そういえば少し前に薬卸業者様から、「センセとこは、特定保健指導やるんですか?」と聞かれたことがありました。「はい、ウチは院内で指導やりますよ!」とキッパリ答えた記憶があります。当院は内科なので指導するのは当然ですが、多数の患者様の処置に忙殺される診療科の先生では、特定保健指導を専門施設に依頼することになるのですね。この需要を商機と捉える業者が多数。そういう図式があること、よくわかりました。

とにかく、特定健診・特定保健指導は始まるのですね。