ダイナミクスでオンライン

今や「開業といえばダイナミクス」。人気の秘密は価格とflexibilityかな。ダイナの活躍、見て下さいね。

PCトラブル(ダイナミクス編)

ダイナミクスが起動しない

院長が学会出張となった11日。この間に、ダイナミクスに病名を入れる作業を全員でやってしまおうと休日返上で全員集合した日の出来事です。まず、サーバーを起動し、「準備できたので、クライアントを立ち上げてください。」と指示しました。
しばらくすると、スタッフが来て「ダイナミクスが立ち上がりませ~ん。」「えっ!」

昨日まで使っていたので、起動しないなんてことは無いはず。じゃ、もう一度やり直しましょう。。。それでも同じ。「しょうがないですね。サポートさんに聞いてみますのでちょっと待っててね。」落ち着いて応えたものの、あ~、どーしよー。とっても、とっても焦ります。

サポートの泉さんの指示は、「インターネットセキュリティーを無効にして下さい。」「どーするんですか?(そもそも、インターネットセキュリティーって何のこと?)」「インターネットセキュリティーのアイコンをクリックして下さい。」と泉さん。私は「えーと、ちょっと待って下さい。。。」泉さん「右下の方に、ちっちゃい地球のマークありませんか?!」ちょっと怒り気味の大きな声を聞きながら、がんばって探しました。「ありました!ありました!(ホッ)」後は、泉さんの指示通り作業して、無事LANが復旧しました。

ダイナのクライアントが使えるようになれば、こっちのもの。あ~、本当に焦りましたが、何とか皆に作業してもらえました。予定していた仕事は終了。泉さん、ありがとうございました。

インターネットセキュリティー

サポートの泉さんが、電話をくれました。先日LANが繋がらなくなったのは、当院だけの問題ではなく、MicroSoftとSymantecのソフトの問題だったそうです。他の診療所でも同じ問題があり、泉さんは両社にいろいろ問い合わせをして、当面の解決方法がわかったそうです。「こーやっといて下さい」との指示どおりに作業しました。なんやようわかりませんが、ダイナが使えるならそれでよいです。ありがとうございました。

診察室のPCがダウン

午前診療の途中、「ダイナがアカン」と先生が診察室から出てきました。調剤でバタバタしていた私は、想定外のことに理解が及びません。「ダイナがアカンねん。紙カルテ持ってきて。」・・・PCダウンです。

先生は紙カルテに切り替えて診察続行。その間に代替機の準備にかかります。ネットワークにつなぐのももう慣れたもの。すいすいできるはずでしたが、今回はエラー。何度やってもエラー。しかたなく、サポート業者さんに電話しました。でも、不明。

すると、患者様が途切れて作業を後ろからみていた先生が、「ネットワーク用ファイルとプリンタ共有のチェックが外れてるで。」と教えてくれました。いつも絶対に触らないところなので、全く気がつきませんでした。違う目線が大切ですね。ふぅ、よかった。サンキュ。

不調のPCは買い換える

これまで、何度もPC不調がありました。初めの頃は、修正できればもう大丈夫と思ってそのまま使用続行することが多かったです。しかし、一旦不調になったPCは、そのうちにまたダウンするということも学びましたので、今では、ダイナミクスで使うPCは、「すぐ買い換える」方針です。早速、見積もりを依頼しました。

お勧め機種はPC-MY30AEZ756T6(Core2D-E8400/1G/160/マルチ/AP無/XPPインS)とご連絡いただきました。これにメモリを1GBプラスです。

メモリの取り付けはチョット手間取る

発注から待つこと1週間。PCとメモリが届きました。いつもは時間が無いのでセットアップまでお願いしていたのですが、今回は自力でセットアップしたいと思います。その前に、まずメモリを取り付けようと思いますが、カバーの開け方がわかりません。説明書にも記載なし。そうか、PDFマニュアルか。どれどれ。。。チョット緊張しましたが、無事メモリ取付できました。

しかし、これは失敗でした。メモリ取付後にPCの電源を入れ、PCが走り出す間に導入マニュアルを開くと、何と「初期設定は、周辺機器を取り付けずに行って下さい。初期設定を終了するまでメモリの取付は絶対に行わないで下さい。」と、あります。が~ん!どうしよう。もうメモリを取り付けた上に、初期設定も初めてしまった。このまま、ゆくしかありませんよね?!。

やはり心配なので、サポートさんに電話で質問しました。「しかたないですね。続行して下さい。絶対にダメって訳ではないですから。BIOSでメモリが増えていればいいですよ。」と教えていただき、ほっと安心。本当にいつもお世話になります。
記事検索
livedoor プロフィール